免制震デバイスとは?

免制震デバイスとは?

地震エネルギーを吸収。地震後も建物の継続利用ができる次世代の"損傷制御構造"

一般的な耐震構造の建築物の場合、地震エネルギーを建物の強さやねばり強さで耐えるため建物に被害が発生し、地震後の継続使用が難しくなります。当社の免制振デバイスは、地震の揺れを吸収し、柱、梁といった主要構造を損傷させないため、建物の被害が少なく、継続使用が可能になります。

耐震・免震・制振構造の比較

  耐震 制振 免震
構造
主な特長 地震エネルギーを建物の柱、梁といった主要構造の強度やねばり強さで耐える構造で、一般的に広く使われています。大地震では、人命の確保は可能だが、建物に被害が生じる可能性が高く、修復・継続使用が難しくなります。 地震エネルギーを吸収する「制振部材」を建物に組み込むことで、地震発生時の揺れを軽減。柱や梁といった主要構造部材を損傷させないため、建物の被害が少なく、継続使用が可能になります。 基礎と建物の間に「免震装置」を設置することで、地震エネルギーの伝わりを遮断する構造です。大地震でも建物の被害がほとんどなく、家具の転倒も少なくてすみます。
地震時
応答
横揺れ
品質 震度7での挙動
(主要構造部)
(収納品、
非構造部材)
コスト 構造躯体コスト ◎~○ ×~△
維持管理点検、
ランニングコスト
その他 工期 ×
建物周りの
クリアランス
×

免制震デバイス商品

変形性能に優れた
ブレース部材
アンボンドブレース

エネルギー吸収機構
ユニットゴムダンパー

積層ゴム支承+
エネルギー吸収機構
免震NSUダンパー

既設RC・SRC柱の
耐震補強工法
耐震SDJパネル
支承+
エネルギー吸収機構
NS-SSB
  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について