試験機

現実に忠実な載荷条件での品質管理を可能にする試験設備

出荷試験用2軸試験機

NS-SSB は、水平方向に動きながら同時に鉛直方向にも動きます。この時に建物重量は変わらないので鉛直荷重も一定に保持しなければなりません。この挙動を正確に再現する出荷検査用の試験機です。

最大荷重 最大振幅 制御方法 載荷速度 波形
鉛直方向※1 ≦20,000kN ≦1,200mm 荷重制御 静的のみ -
水平方向 ≦1,000kN 1,200〜200※2mm 変位制御 静的〜400mm/sec 正弦波

※1)試験機の鉛直方向リニアガイドに作用する曲げモーメントを3,000kN・m以下とします
※2)載荷速度により変化します

適用事例

地震時の荷物量が不確定な物流倉庫やいかなる地震でも継続利用が期待されるデータセンター、被災時に機能不全が許されない病院など、一層高度な免震性能が要求される建物にもNS-SSBは設計で期待した性能を発揮します。

1.物流倉庫

2.データセンター

3.病院

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について