設計の流れ

NS-SSBの割り付けから振動解析まで、4つのステップからなる設計フロー ※告示免震でも対応可能です。

STEP1NS-SSBの割り付け

各支点の鉛直支持荷重(長期荷重時)に対して、それぞれのNS-SSBのスライダー直径を選定します。 個々のスライダーにおいては、面圧が基準面圧(60N/mm2)程度になるように設定することを推奨します。 建物全体では、平均面圧が基準面圧(60N/mm2)以下となるようにします。
※軸力の大きい一部の箇所では70.5N/mm2(限界圧縮強度235N/mm2×1/3×0.9)以下

STEP2免震層の固有周期と水平変位量の設定

建物応答を推定し、免震層の周期(T=4.5(S)、6.0(S)の2 種類)及び水平変形量を設定します。

STEP3地震応答解析により応答性状と選定したNS−SSBの照査

解析用履歴モデルはバイリニアモデルが使用できます。
最大応答せん断力、最大応答変位及び最大応答加速度が建物の要求性能を満たしているかを確認します。
基準摩擦係数をμ=0.043とし、製造ばらつき最大±0.01、その他、面圧、環境温度等による依存性を考慮してください。
速度依存性を考慮した履歴モデルをご利用いただくことで、解析結果がさらに精緻になります。
速度依存性を考慮した汎用振動解析プログラムとしては、DynamicPRO(ユニオンシステム(株))、SNAP((株)構造システム)、RESP-M/Ⅱ、RESP-D((株)構造計画研究所)が御利用いただけます。

STEP4最大応答変位の照査

L2(極稀地震)時の最大応答変位がαδcを下回っていることを確認します。αは例えば0.7もしくは0.75を推奨します。

結果に応じて<STEP2>に戻る

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について