性能確認実験結果

数多くの実験により明らかにした、製品性能、性能限界及び各種依存性

実大試験体による実験で製品性能とその限界を確認

(1)実大製品の動摩擦係数μ-水平位置歴

製品サイズの実大試験体による実験で、各種性能を確認しています。
コンケイブプレートの曲率半径、スライダーの直径ごとに動摩擦係数μ-水平変位履歴を得ています。

(2)限界圧縮性能確認実験

基準面圧(60N/mm2)の4倍(240N/mm2)の荷重を与えても、履歴性状は安定しています。
(圧縮限界強度は235N/mm2としています)

(3)限界変形性能確認実験

600mm の水平変位を与えても履歴性状は安定しています。

各種依存性

(1)面圧依存性

(2)速度依存性

(3)温度依存性

(4)確認実験の様子

動摩擦係数μは一般的に面圧、速度そして温度によって変化すると言われています。
縮小試験体を用いた多数の性能確認実験を行い、各要素が動摩擦係数μに与える影響を確認し、表中に示す基準式を定式化しました。

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について