設計資料

設計フロー

構造 耐震 制振
強度抵抗型 エネルギー吸収型
設計・ 解析手法 許容応力度設計 時刻歴応答解析等
- 保有水平耐力設計
ルート 1-1、1-2、2 3 -
アンボンドブレースの役割 - 靭性のある構造体とすることで、Ds値および必要保有水平耐力を低減する 降伏点が明確な低降伏点鋼を制振部材に組み込むことで、適正にエネルギーを吸収する
アンボンドブレースのタイプ 従来の
鉄骨ブレース

耐震タイプ

400N/mm2
490N/mm2
520N/mm2

制振タイプ

BT-LYP225

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について