実験実績

アンボンドブレースの優れた性能は、多くの実験により確認されています。

実大実地震動による動的載荷実験

圧縮

神戸海洋気象台波(1995年:神戸)10~70カインで連続的に加力し、最大7.6%(層間変形角約1/20)の圧縮軸歪み下での安定した性能を確認

引張

エルセントロ波(1940年:カリフォルニア)5~90カインで連続的に加力し、最大7.2%(層間変形角約1/20)の引張軸歪み下での安定した性能を確認

実験状況:科学技術庁との官民共同研究による('97~'99)

動的載荷実験結果

最大層間変形角(引張側1/57 圧縮側1/65)

繰り返し疲労実験

層間変形角1/100の変形(大地震時における建物の最大変形に相当)に対し、約200回の繰り返し疲労性能を確認

疲労実験結果

※LYP225変断面型(制振タイプ)は層間変形角1/100の変形に対し、芯材中央部分の歪振幅が±2.0%となるため、繰り返し性能は30回程度となります。

高軸力タイプ/ピン接合タイプによる大変形試験

軸力(大断面)タイプ及びピン接合タイプの実大試験により、層間変形角1/33 相当の変形まで安定した履歴性能を確認

高軸力タイプ

芯材 SN400B
部材長 7.5m
降伏耐力 5200kN
最大実歪 2.9%(軸縮み量80mm)

ピン接合タイプ

芯材 BT-LYP225
部材長 14.0m
降伏耐力 860kN
最大実歪 1.2%(軸縮み量130mm)

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について