角太橋®

※「角太橋」は新日鐵住金(株)の登録商標です。

角太橋は、小支間橋梁(15m以内)に求められているニーズ「死荷重低減(既設下部工再利用)」、「桁高制限(低構造高)」、「急速簡易施工」、「狭隘地施工」に応えます。

メリット

1 死荷重低減(既設下部工の再利用)

PC橋と比較して下部工設計反力を2割程度低減でき、下部工を小型化できます。また、低桁高構造であることから、橋梁更新時に既設下部工の再利用も可能です。

■ PC橋の架け替え実績例( 下部工再利用)
熊西跨道橋(北九州市)
A活荷重
支間長: 9.35m  防蝕仕様: 耐候性鋼裸仕様
幅 員: 7.2m   竣 工: H18年

2 桁高制限(低構造高)

桁高制限のある都市内河川の橋や幹線道路・鉄道と立体交差する橋に適しています。

■ 施工実例


3 急速簡易施工

工場製作のパネルユニットを現場搬入し、接合一体化するため急速かつ簡易施工が可能です。

■施工実例
仲之橋(大田区)
B活荷重
支間長:12.66m  幅員:6.7m  防蝕仕様:塗装仕様(C-5)  竣工:H25年

4 狭隘地施工(小型重機の使用)

角形鋼管を一本づつ架設し、現場にて横桁鋼管を挿入、コンクリートを打設してパネル化を行うことにより、小型重機の使用、狭隘地施工が可能です。

■施工実例
群集荷重
支間長:15.5m 幅員:3.8m 防蝕仕様:塗装仕様(C-5) 竣工:H25年

角太橋「工費計算書プログラム」

WEB会員限定角太橋「工費計算書プログラム」

いくつかの項目を選択いただくだけで簡単に工費計算をすることができます。
会員登録いただくと無料でご利用できます。ぜひ業務にご活用ください。

会員サイトにログインいただき、資料ダウンロードから「角太橋」を選択、検索を行ってください。

会員サイト ログインはこちら

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について