NSカバープレートの防食性能

内部空間の防食性能確認

NSカバープレートを初適用した実橋(新日鉄住金君津製鉄所L-8橋)の内部空間において、鋼材試験片(3種類)の暴露試験を実施いたしました。
同橋は製鉄所の原料岸壁の海水取水路上にあり、多量の飛来塩分と粉塵があり、常に多湿の非常に厳しい腐食環境にあります。

NSカバープレートの断熱効果

NSカバープレートの断熱機能により、内部での結露発生が抑制されます。

【結果】

NSカバープレートで橋梁を覆うと内部空間への塩分侵入を防ぐことが可能で、暴露した鋼材試験片は、10年間で裸仕様の鋼材に点さびが発生したものの腐食進展は極めて遅く、プライマーやD-5塗装を施した試験片は全く変化しませんでした。 
裸仕様の腐食速度は、年間1μm未満であり、100年供用しても減肉量は0.1mm未満の極めて低い値でありました。
このことは、内部空間が極めてマイルドな腐食環境であることを、また、本体桁の防食仕様としては内面塗装(D-5)で十分であることを示しています。
裸仕様:ブラスト処理材


  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について