特殊鉄骨とは?

様々なニーズに応える、意匠性の高い鉄骨構造

スパンが短く、接合部の納まりが一般化されている「一般鉄骨」に対して、大スパンで様々な部材構成をし、部材同士の接合方法が一般化されていない鉄骨構造を「特殊鉄骨」と呼んでいます。

また、大スパンでなくても、鉄骨を意匠的に魅せるために、鋳鋼やテンション材等の特殊材料を用いたり、複雑な加工、接合部を持つ鉄骨構造も「特殊鉄骨」と呼んでいます。

  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について