特殊鉄骨の用語解説

あ行

アーチ構造 [あーちこうぞう]

鉛直力を圧縮力のみで支持する構造形式。上に凸で曲率を持った形状が一般的。

  • このページの先頭へ

か行

キャンバー [きゃんばー]

大空間構造の屋根架構などが自重により変形する場合に、変形を見込んで設定する「むくり」のこと。製作キャンバー、施工キャンバーなど。

キールトラス [きーるとらす]

長手方向に主フレームとして架けるトラスをいう。梁間方向には補助的な架構を配することができ、桁行方向の壁面に現れる部材を細くすることができる。

ケーブル構造 [けーぶるこうぞう]

張力構造(テンション構造)の一種で、線材であるケーブルを主構造としたものをいう。ケーブル構造には、斜張式吊構造や蜘蛛の巣をイメージしたケーブルネット構造などがある。

弦材 [げんざい]

トラスの主部材のうち上下に配置される水平部材。上弦材と下弦材がある。ウェブ材(斜材や垂直材)により結合されている。

  • このページの先頭へ

さ行

斜材 [しゃざい]

トラスのウェブ材のうち斜めに配置される構造部材。斜材の組み方で応力のかかり方が変わるため、構造計画を立てる際は配置に注意する必要がある。

初期張力 [しょきちょうりょく]

ロッドやケーブルなどを用いたテンション構造で、架構の安定性や剛性を高めるために、ロッドやケーブルにあらかじめ導入された引張力のこと。

地組み [じぐみ]

大空間構造の屋根鉄骨を、地上である程度の大きさのブロックに組み立てること。その後、大型重機などを用いてブロックを架設する。屋根直下の仮設足場を削減したい場合や高所作業を低減したい場合、現場工期を短縮したい場合に採用される。

ジャッキダウン [じゃっきだうん]

ベント工法を参照のこと。

スパン [すぱん]

梁やトラスなどで、柱と柱で支持された間隔。一般にスパンが大きくなるほど大きな部材が必要となる。

スライディング工法 [すらいでぃんぐこうほう]

大空間構造の屋根架構(仕上げ材まで含む場合が多い)などを、架構が設置される場所の近傍で組み立てた後、横引きして本来の場所に設置する工法。架構の直下に仮設足場が設置できない場合や仮設量が多くなってしまう場合、高所作業を低減したい場合、建方重機が設置場所に届かない場合などに採用される。

スラスト [すらすと]

トラスやアーチ構造などのピン支承で、水平方向に生じる反力。

施工時解析 [せこうじかいせき]

施工中の安全性を確認したり、施工手順を考慮して行う解析のこと。大空間構造では、完成時は構造的に安全であっても施工中の構造安全性が確認できていいない場合や、施工方法によって完成時の応力状態が異なる場合があるために、必要に応じて行われる。

  • このページの先頭へ

た行

鍛鋼 [たんこう]

高温に熱した鋼材を金型などで圧力を加えて成型した鉄鋼製品。鋼板や形鋼の溶接では製作の難しい部位に用いられる。

鋳鋼 [ちゅうこう]

特殊な砂などで作った鋳型に溶鋼を流し込み、自由な形に成型した鉄鋼製品。鋼板や形鋼の溶接では製作の難しい部位に用いられる。

張弦梁構造(Beam String Structure) [ちょうげんばりこうぞう]

曲げ剛性を持った梁と引張材とを束材を介して結合した混合構造。鋼材を引張に使用する効率的な架構形式であり,軽量,高耐力,高剛性の構造物を少ない材料で構成でき,軽快で透明性の高い優れた外観デザインを実現することができる。

張力管理 [ちょうりょくかんり]

テンション構造で、ロッドやケーブルに導入された初期張力の量を確認すること。施工での初期張力の誤差は、設計許容値内に納める必要がある。

吊構造 [つりこうぞう]

建物の主架構をケーブルやワイヤーロープで支点から吊り下げる構造形式。高い塔状の柱を建ててトラス屋根などを斜張橋のようにケーブルで吊る方式や、ケーブル自体を屋根の主構造とし膜状の材料やパネルで被覆する方式などがある。

デプス [でぷす]

トラス構造における上弦材と下弦材の間隔。デプスが大きいほどトラスとしての剛性が上がり、弦材を小さくできる。逆にデプスが大きくなるとラチス材が長くなり、ラチス材サイズが大きくなる。

トラス構造 [とらすこうぞう]

三角形を単位とした部材構成で、部材の節点がピン接合(自由に回転する支点)となっている構造形式。トラス構造には平面的に構面を構成して応力を1方向に伝達する平面トラスと立体的に構面を構成して応力を2方向に伝達するスペースフレームがある。また、ラーメン構造の大スパン大梁やキール構造など、他の構造形式と組み合わされることが多い。

  • このページの先頭へ

は行

バックステイ [ばっくすてい]

吊構造などで支柱内側へ引っ張られて倒れないよう、頂部から斜め反対方向に設けた引張材のこと。「控え」ともいう。

ピン支承 [ぴんししょう]

トラス構造などで、水平方向に動くことなく下部構造に固定された支承。

ベント工法 [べんとこうほう]

大空間構造の屋根架構などを架設する場合に、架構を一時的に仮設支保工(ベント構台)で支持して施工する工法。架構のHTB本締めと現場溶接が完了した後、仮設支保工を開放(ジャッキダウン)する。

  • このページの先頭へ

ら行

リフトアップ工法 [りふとあっぷこうほう]

大空間構造の屋根架構(仕上げ材まで含む場合が多い)などを、地上で組み立てた後、本来の場所まで引き上げて(或いは押し上げて)設置する工法。架構の直下に仮設足場が設置できない場合や仮設量が多くなってしまう場合、高所作業を低減したい場合などに採用される。

ローラー支承 [ろーらーししょう]

トラス構造などで、水平方向への動きが開放されている支承。滑り面の摩擦力を低下させるために、テフロン板が使用されることがある。

  • このページの先頭へ
  • 資料ダウンロード、実績の検索 会員サイト
  • 用語解説
  • データダウンロード
  • よくあるご質問
  • メディア掲載情報

新日鉄住金エンジニアリングの
鋼構造技術について